[MBA] タイムマシーンに乗って〜

前々からタイムマシーンに乗りたかったです。

でも、ドラえもんが。。。

というのは、置いといて、やっと今、TimeMachineの設定をやりました。

普段から難しく考えるタチなので、時間がかかってしまいましたが、

やれば、簡単。

で、2回目また同じパターンに陥ること確実なので、残しておくことにしました。

ということで、HDL-CE2.0Bを使って、TimeMachineを設定したログです。

準備したもの
○ mba
○ I・O DATA HDL-CE2.0B
○ 無線LAN

じゃ、始めます。

[手順1] おまじないコマンドを実行する
ターミナル(「LaunchPad」→「その他」→「ターミナル」)を起動し、
次のおまじないコマンドを実行する。

$ sudo defaults write com.apple.systempreferences TMShowUnsupportedNetworkVolumes 1

※コレ、実は一行なので注意
※「$」はコマンドのプロンプトなので、無視

[手順2] NAS側で共有フォルダ作成
基本的に割愛。
やる事は、
○ユーザの作成
○共有フォルダの作成(先ほど作成したユーザのみフォルダアクセス許可にする)
ここでは、共有フォルダ名を「MacTimeMachine」とする。

[手順3] NASをマウント
Finderのメニュー「移動」→「サーバへ接続」をクリック

私の場合、smbで接続しているので、

smb://192.168.1.1/

で追加してます。

[手順4] 情報収集
この後、イメージを作成するのに必要な情報を集めます。
○ホスト名
 「システム環境設定」→「共有」をクリック。
 すると「コンピュータ名」って出るので、それをコピー。
 ただ、私は小心者なので、感じとかスペースがあると
 この後、何か問題がでるのではないか?と勝手に思い、
 英字とハイフンだけにしてしまいました。数字もOKかなと。
 ここでは例として、「mba-userareaz」としておきます。
 
○MACアドレス
 「システム環境設定」→「ネットワーク」をクリック。
 私は、WiFiで接続しているので、左側の一覧で「Wi-Fi」を選択して、
 右下の「詳細…」ボタンをクリック。
 表示された下の方に「Wi-Fiアドレス」と書かれた右側の情報をコピーしてください。

 なんかこんな感じの文字です。 「12:34:56:78:90:AB」
 数字もしくは英字2桁をコロンで区切ってるやつです。
 で、コロンを削除したものを覚えておいてください。
 この場合だと「1234567890AB」です。

[手順5] イメージの作成
ディスクユーティリティ(「LaunchPad」→「その他」→「ディスクユーティリティ」)を起動し、
右上の「新規イメージ」ボタンをクリック。
上にある名前は先ほど情報収集したものをベースに作成する
“ホスト名”_”MACアドレス”にします。

で、上の例だと「mba-userareaz_1234567890AB」と入れます。

場所は、とりあえず「デスクトップ」に設定。

で次の名前は適当(今回は「MacTimeMachine」とした)に入れ、
場所は、共有ディスクで作成した「MacTimeMachine」を設定。
サイズは後で変更するので、とりあえず「100MB」に設定。
後は、以下のような感じで設定しました。
・フォーマット:Mac OS 拡張(ジャーナリング)
・暗号化:なし
・パーティション:単一パーティション – Apple パーティションマップ
・イメージフォーマット:スパースバンドル・ディスクイメージ
で、作成ボタンをポチリ。

[手順6] イメージの移動と変更
イメージの作成できたら、右側に表示される「mba-userareaz_1234567890AB.sparsebundle」をクリックし、
画面上部の取り出しボタンをクリックして、メニューを表示して削除してください。

で、デスクトップ上に「mba-userareaz_1234567890AB.sparsebundle」ファイルが出来上がってるので、

このファイルをNAS上にコピーして、ダブルクリックしてください。

そしたら、ディスクユーティリティにまた表示されるようになります。

で、また取り出しをクリック。

ココから、イメージのサイズを変更します。

画面左側の「mba-userareaz_1234567890AB.sparsebundle」を選択すると

「イメージのサイズ変更」ってボタンが押せるようになるので、クリックする。

で、僕の場合は、容量十分あるのですが、150GBに設定。

【ココ重要】見た目上は、100MBから変わってない感じがしますが、大丈夫!!
      ちゃんと変わってますよ。

ということで、NAS上にコピーした「mba-userareaz_1234567890AB.sparsebundle」ファイルを

またもやダブルクリックして下さい。

するとあら。ちゃんと150GBになってるじゃありませんか。

ということで、次は、画面右側の「パーティション」ってとこをクリックすると

プルダウンで「現在の設定」ってのが表示されているところを「1パーティション」に変更。

後は、名前入れて、フォーマット:Mac OS 拡張(ジャーナリング)、サイズを表示されてるままで適用をクリック。

数分待つと完了するはずです。

[手順7] 最後にまたおまじない

ターミナル(「LaunchPad」→「その他」→「ターミナル」)を起動し、
次のおまじないコマンドを実行する。

$ sudo tmutil setdestination “/Volumes/TimeMachine 1”

※コレ、実は一行なので注意
※「$」はコマンドのプロンプトなので、無視
※私の場合、マウントポイントに書かれてた文字が「/Volumes/TimeMachine 1」だったので、それを記載。

後は、TimeMachineをオンにすれば、できあがりです。

ちなみに、私の初回バックアップは12時間くらい掛かった気がします。

気長にやってきましょ。

広告